シミのようになったニキビ跡を隠すにはどんな隠し方が良い?

シミのようになったニキビ跡。
治療してもすぐには改善されないため、仕事の時や人と会うときに隠したくなります。

実際、
「シミのようになったニキビ跡を隠すにはどんな隠し方が良いですか?」
「ニキビ跡に目に行かせないメイク方法はありますか?」
といった質問が数多くあります。

ここでは、シミのようになってしまったニキビ跡を隠す方法をいくつか紹介します。

【パウダータイプのファンデーションを使って少しでもメイクによる悪化を防ぐ方法】
リキッドタイプよりパウダータイプの方が、ニキビ悪化につながりづらいです。
どうしても、メイクしないといけない場合はパウダータイプを使用することをおすすめします。

【コンシーラーで隠す】
あまりおすすめできませんが、短期間だけ隠したいのならばコンシーラーを使うのもアリです。
ただ、長いこと使用していると、余計にニキビ跡を悪化させて修復不可能になる恐れもあります。

【ニキビ専用のマスクをする】
保湿用のシートマスクはニキビ肌におすすめのマスクです。
・肌美精
・スキンオペレーション
・薬用ビューネ
・プロアクティブ
などがおすすめです。
通常のマスクですと、肌が擦れたりしてかゆみ・ニキビ悪化を引き起こします。
また、通気性が良くないため、菌の増殖にもつながり、余計にニキビが増える可能性もあります。

何度も使っているマスクも衛生面において、ニキビ跡にはよくありません。
通気性・衛生面・保湿のすべてが整っているマスクを使用するようにしてください。

ニキビ跡が邪魔で、うまく髭剃りができない方は、以下のサイトで紹介しているケア方法がおすすめです。
ニキビ跡のケア※ニキビ跡のせいで綺麗に髭剃りできない男性へ