ニキビ跡のシミと日焼けでできたシミの違い

ニキビ跡になったシミと日焼けでできたシミって区別するのが難しいと言われています。

実際、
「ニキビ跡のシミと、日焼けでできたシミの違いは?」
「シミの出来方って何がどう違うの?」
といった質問が数多く目立ちます。

そこで、両者の違いを簡単に紹介します。

ニキビ跡というのは、炎症が起きている状態。
炎症が起きた肌は、色素沈着の元であるメラニンを大量に放出します。
これは、炎症によって肌バリアが弱くなってきたところに、ウイルスなどが入らないようにするための防衛反応として放出します。
そこに、紫外線が当たることでシミとなってしまうのです。
炎症がなければ、肌バリアは通常保たれていますので、肌のターンオーバーによってシミになる前にしっかり排出してくれるのです。

一方、日焼けでできたシミというのも紫外線が関係しています。
肌は紫外線によるダメージを抑えるために、メラニンを作ります。
このメラニン色素が沈着することで、日焼けによるシミができるのです。

どちらも、紫外線による影響を抑えるための副産物として、メラニン色素が作られてそれが沈着することでシミになることに変わりありません。
ただ、炎症+紫外線によるメラニンなのか、紫外線だけのメラニンかのメラニンの量の違いだけのようです。