AMC記事そのまま 肌にしみが出来るのが、主に紫外線が影響しています。 人は日々紫外線を浴びています...

顔にシミができる原因とは?

肌にしみが出来るのが、主に紫外線が影響しています。 人は日々紫外線を浴びています。 外を歩いたときはもちろん室内にいても窓から入り込んだ紫外線を浴びてしまうのです。 また、最近はパソコンやスマートフォンから微量の紫外線が出ているともいわれています。

紫外線は浴びた直後であればすぐ日焼けになって元に戻るか何も影響がないかのどちらかです。 しかし、実は肌内部にはどんどん紫外線が蓄積していき、年齢を追うごとに蓄積してきた紫外線が影響してシミとして肌に現われるのです。 肌表面にシミが出来た時点で肌内部には深く深くシミの大本となる組織が出来上がっているので簡単に改善することは出来ません。

また、紫外線だけではなく色素沈着が原因でシミが出来る場合もあります。 ニキビ跡などが悪化すると色素沈着として残りますが、これがシミとなっていつまでも消えない可能性も高いでしょう。 ニキビ跡から起こるシミは20代など若いうちから起こる可能性も高く、紫外線が原因のシミよりは消えやすいですが、肌に簡単にできてしまうのもネックなのではないでしょうか。