ニキビ跡がシミになってしまったけどなんで?

ニキビ跡に関して質問を見ていると、
「ニキビ跡がシミになってしまったけどなんで?」
といった質問をされている方も少なからずいるようです。

ニキビ跡がシミになってしまう原因は何なのでしょうか?
ここでは、ニキビ跡がシミになる過程を簡単に説明します。

ニキビ跡になったばかり、特にニキビによって炎症が起きた肌はメラニンを大量に発生します。
(これは、肌の中にウイルスなどの有害物質が入らないようにするための防衛反応としてメラニンが発生するのです。)
そこに、紫外線を浴びることで色素が沈着してシミとなって肌に表れてくるのです。
炎症の度合いが強いほど、シミになる確立は高くなると言われています。

通常は、肌のターンオーバーによって薄くなったりなくなったりします。
しかし、一旦炎症を生じると、肌が弱りターンオーバーが追いつかず、メラニン色素が肌の中にどんどん溜まっていき、シミになってしまうのです。
これの悪循環によって、シミがどんどん出来てしまうのです。

ですから、ニキビ跡のシミ予防には、炎症の拡散を抑えると同時に肌のターンオーバーを促すことが大切。
そして、メラニン色素を沈着させる原因である紫外線対策も必須。
とくにニキビ跡の治療をしている場合、肌のバリア機能は弱っているため、紫外線対策は重要となってくるのです。