ニキビ跡がシミになってしまったけどなんで?

ニキビ跡に関して質問を見ていると、
「ニキビ跡がシミになってしまったけどなんで?」
といった質問をされている方も少なからずいるようです。

ニキビ跡がシミになってしまう原因は何なのでしょうか?
ここでは、ニキビ跡がシミになる過程を簡単に説明します。

ニキビ跡になったばかり、特にニキビによって炎症が起きた肌はメラニンを大量に発生します。
(これは、肌の中にウイルスなどの有害物質が入らないようにするための防衛反応としてメラニンが発生するのです。)
そこに、紫外線を浴びることで色素が沈着してシミとなって肌に表れてくるのです。
炎症の度合いが強いほど、シミになる確立は高くなると言われています。

通常は、肌のターンオーバーによって薄くなったりなくなったりします。
しかし、一旦炎症を生じると、肌が弱りターンオーバーが追いつかず、メラニン色素が肌の中にどんどん溜まっていき、シミになってしまうのです。
これの悪循環によって、シミがどんどん出来てしまうのです。

ですから、ニキビ跡のシミ予防には、炎症の拡散を抑えると同時に肌のターンオーバーを促すことが大切。
そして、メラニン色素を沈着させる原因である紫外線対策も必須。
とくにニキビ跡の治療をしている場合、肌のバリア機能は弱っているため、紫外線対策は重要となってくるのです。

ニキビ跡は絶対にシミになる?食い止める方法は?

ニキビ跡になると、その後にシミになるのではという不安がよぎります。

実際、
「ニキビ跡は絶対にシミになるのですか?」
「ニキビ跡がシミになる前に食い止める方法はあるのでしょうか?」
といった質問があります。

厳密にいえば、ニキビ跡はシミになりやすいと言われています。
特に炎症が起こっているニキビ跡の場合は、メラニン色素が大量に作られているからです。
これに紫外線が反応することで、シミができていってしまうのです。

ニキビ跡でも炎症が引いている状態ならば、メラニン色素はそれほど作られません。
しかし、肌のバリアが弱っていることに変わりありませんので、紫外線の影響は大きいと言われています。
どちらにせよ、ニキビ跡がシミになるかどうかは、紫外線対策が必須ということに変わりありません。

紫外線対策は、日傘や帽子などからでも始められます。
また、UVケアなどの化粧品も数多く販売されていますので、併せて行うと効果的です。
肌が乾燥している方や肌が弱っている方(ニキビなどがある方)は、紫外線対策をきちんとした上で外出することがシミ予防に大切なのです。

もちろん、日頃の生活習慣・食習慣も大切です。

肌保湿を徹底して乾燥させないことが、ニキビ跡を悪化させないポイントです。
また、暴飲暴食は肌に良くありませんし、ホルモンバランスが乱れることでニキビが出来やすくなったりします。

ストレスを溜めることもよくありません。

紫外線対策&日頃のケア&生活習慣・食習慣といったものを併せて行うことが、シミ&ニキビ跡対策に重要なのです。

ニキビ跡のシミと日焼けでできたシミの違い

ニキビ跡になったシミと日焼けでできたシミって区別するのが難しいと言われています。

実際、
「ニキビ跡のシミと、日焼けでできたシミの違いは?」
「シミの出来方って何がどう違うの?」
といった質問が数多く目立ちます。

そこで、両者の違いを簡単に紹介します。

ニキビ跡というのは、炎症が起きている状態。
炎症が起きた肌は、色素沈着の元であるメラニンを大量に放出します。
これは、炎症によって肌バリアが弱くなってきたところに、ウイルスなどが入らないようにするための防衛反応として放出します。
そこに、紫外線が当たることでシミとなってしまうのです。
炎症がなければ、肌バリアは通常保たれていますので、肌のターンオーバーによってシミになる前にしっかり排出してくれるのです。

一方、日焼けでできたシミというのも紫外線が関係しています。
肌は紫外線によるダメージを抑えるために、メラニンを作ります。
このメラニン色素が沈着することで、日焼けによるシミができるのです。

どちらも、紫外線による影響を抑えるための副産物として、メラニン色素が作られてそれが沈着することでシミになることに変わりありません。
ただ、炎症+紫外線によるメラニンなのか、紫外線だけのメラニンかのメラニンの量の違いだけのようです。

シミになってしまったニキビ跡はどうすれば消すことができる?

シミになってしまったニキビ跡は中々消すことができずにもどかしく感じる方も多いのではないでしょうか?

実際、
「シミになってしまったニキビ跡はどうすれば消すことができますか?」
「ニキビ跡が消えないのは処方された薬が効かないのでしょうか?」
といった質問をされている方も多くいます。

ここでは、シミになってしまったニキビ跡を効率よく消すアドバイスをいくつか紹介します。

【茶色いシミの場合】
メラニン色素の沈着によって生じるシミの場合、美容液での治療が可能です。
・ハイドロキノン&ビタミンC配合の美容液であるビーグレン
・トレチノイン&ハイドロキノンの外用薬
・ハイドロキノン、ビタミンC、アルブチン、ダーマホワイト、プラセンタなどが含まれている美容液
・レーザー治療
・ピーリング剤
といったものを利用すると効果的です。
これらを利用する際に併せて行っておくべきなのは、しっかりとした保湿対策&肌のターンオーバーの促進&紫外線対策
医師に処方されたものを使用する際は、きちんと医師の言うことを守って使用するようにしてください。
気になる点は聞いてみることも大切です。

【黒色や紫がかったシミの場合】
ヘモグロビンが原因によるものの場合がほとんですので、一般的な治療では治りづらいです。
・レーザー治療
・ピーリング治療
などを行うのが効果的です。

それでも、自分で見分けるのは困難です。
医師に診てもらった上で効果的な治療法を選ぶようにしてください。

シミになったニキビ跡にはどんな食べ物が効果的?

シミになったニキビ跡対策として薬やピーリング以外で普段の生活で心がけることはあるのでしょうか?

実際、
「シミになったニキビ跡にはどんな食べ物が効果的ですか?」
といった食習慣を気にして質問をされている方も少なからずいます。

ここでは、シミになったニキビ跡に効果的な食べ物を紹介します。

もっとも効果的なのは、ビタミンCを含む食べ物だと言われています。
シミというのは、色素沈着(メラニン色素)によって生じるもの。
ビタミンCを摂取することで、メラニン色素の生成を抑制する効果があります。
その上、すでに生成されているメラニン色素も薄くする効果があります。
これが、ビタミンCに美白効果があると言われている理由なのです。

ビタミンCを多く含んでいる食べ物は、果物や淡色野菜です。
中でも、
・イチゴ
・レモン
・アボカド
・キャベツ
・カリフラワー
といったものが多く含まれています。

ビタミンCは水に溶けやすいし熱に弱いので、調理過程で失われがちな栄養分でもあります。
効率よく摂取するには、ジュースにしたり生で食べるなどが必要となってきます。

肌のターンオーバーを促進する作用を求めるのならば、ビタミンBを効率よく摂取することもおすすめ。
・ヨーグルト
・うなぎ
などもおすすめです。

1日3食をバランスよく摂取していくことも、健康肌に導く鍵となってきます。

シミになったニキビ跡にはどんな化粧品を使うのが良い?

ニキビ跡がシミになってしまって、中々落とせない。
このような経験をされている方も少なくありません。

実際、
「シミになったニキビ跡にはどんな化粧品を使うのが良い?」
「シミにおすすめのコスメを教えてください。」
といった質問をされている方も多いようです。

ここでは、シミになったニキビ跡に効果的な化粧品をいくつか紹介します。

・ビーグレン
ドクターケラーが開発した超浸透タイプ(特許)の化粧品。
ニキビ跡のシミに効果的なハイドロキノンを独自のテクノロジーで、安全性はもちろん、肌負担を極力軽減&浸透性を格段にアップ。
少ない量でも高い効果を発揮してくれると話題です。

・アンプルール
皮膚科の専門家が開発したスキンケア。
シミの原因であるメラニンをブロックしつつ、新安定型ハイドロキノン配合で肌への刺激を抑えつつ効果も安定化。
今あるメラニンにも効果抜群。
さらに、異なる2種類のビタミンC誘導体で美白効果を最大限発揮。
美白をもっとという方には、アルブチン配合のスキンケアもあります。
リピート率も高く話題性もあり人気が高いシリーズです。

ニキビ跡のシミ対策にはハイドロキノン配合の化粧品が効果的です。
ほかの、ハイドロキノン配合の化粧品は、
・オバジHQ
・エピステーム
・セルラージュ
といったものが人気のようです。

美白効果にこだわるのならば、
・デルメッド
バラペン不使用の肌に優しい、美白成分の開発にこだわっている三省製薬の化粧品。
ビタミンC&和漢植物由来成分によって、メラニンによるシミを3段階で抑制。
メラニンの元であるチロシナーゼの反応抑制&メラニン生成抑制&メラニン成長抑制という3段階で抑制するから、シミが出来にくい肌に。
シミ予防にこだわるのならば、おすすめの化粧品です。
といったものもおすすめ。

ほかにも
・美白化粧水フォトホワイトC薬用ホワイトニングローション
・ドクターシーラボ 薬用アクアコラーゲンゲル美白
といったものも美白効果に関しては好評です。

ニキビ跡(シミ)に効果的な薬は?

ニキビ跡(シミ)に効果的な薬は、何なのでしょうか?
ここでは、ニキビ跡(シミ)におすすめの薬を紹介します。

【トレチノイン&ハイドロキノン配合の塗り薬】
◎トレチノイン
肌の角質を剥がしたり、今あるメラニンの排出を促し、皮脂分泌を抑制したり、コラーゲン生成を促進させる効果も併せ持っています。
そのため、ニキビ跡・ニキビ・シミ・シワなどの対策がまんべんなくできます。
肌質を整える上でおすすめの塗り薬なのです。

◎ハイドロキノン
シミの原因であるメラニンやメラノサイトからシミを薄くする効果がある薬。
ビタミンCより漂白作用が強力で、新たなメラニン色素の生成を抑制する効果が高く、シミ予防&シミを薄くするには最適。
ハイドロキノンだけでいいと思われがちですが、ハイドロキノンだけでは皮膚への浸透力がよくありません。
トレチノインと併用することで、肌への浸透力が良くなり効果もより期待できます。

◎ビタミンC誘導体
コラーゲンを多くつくることにより、肌のターンオーバーを正常にしたりする効果がある。
また、ビタミンCの効果でメラニンの生成抑制に効果が期待でき、シミを薄くしたり予防にも効果がある。

これらを配合した薬がシミ対策に効果が期待できます。

ニキビ跡のシミは皮膚科とエステどっちが良い?

ニキビ跡のシミが出来た際、皮膚科とエステでどちらを利用したらよいか悩まれている方がいるようです。

実際、
「ニキビ跡のシミは皮膚科とエステどっちが良い?」
「それぞれどんな治療がある?」
といった質問をされている方が多くいます。

ここでは、それぞれの治療法について紹介します。

◎皮膚科の場合
・トレチノイン(ビタミンA酸)ハイドロキノンリン酸型ビタミンCの外用(塗り薬)を中心とした治療
がメインとなります。
他には、
・ジェネシス(ロングパルスYAGレーザーによる治療)
・リファームST(高周波と赤外線を組み合わせたダブル効果による治療)
・フォトフェイシャル(IPLと呼ばれる特殊な光による治療)
・フォトRF(IPLと高周波(RF)を組み合わせた治療)
といったものがあります。

◎エステの場合
洗顔やクレンジングなどを基本としたフェイシャルメニューによって、肌のターンオーバーを促進する作用を重点に置いたものが一般的です。
しかし、中にはメディカルエステなど医療とエステを併せた治療ができるものもあります。
その際、
・ピーリング治療
・光治療
を行える場合もあります。

深刻な場合は必ず皮膚科に行ってください。
非常に軽い場合でしたら、エステのフェイシャルメニューでも治る可能性はあります。
ですので、まずは皮膚科へ行くことをおすすめします。

茶色いニキビ跡のシミに美白成分は効く?

ニキビ跡のシミには、茶色や赤色といったようにシミの色も一種類ではありません。
それは、それぞれのシミのできる原因が微妙に異なってくるからです。
それゆえ、個々のシミに対応した対策を行う必要があります。

ここでは、茶色いニキビ跡のシミ対策を紹介します。
茶色いニキビ跡のシミで悩むであろうことは、全体の肌色が悪いということです。
実際、
「茶色いニキビ跡のシミに美白成分は効く?」
「茶色いニキビ跡には、どんな成分が良い?」
といった美白に関する質問を多くされています。

茶色いニキビ跡に効果的な美白成分はあるのでしょうか?

一般的にメラニン色素対策(茶色いシミ)に効果的だと言われている成分は、
・ハイドロキノン
・高濃度ビタミンC
・アルブチン
・ダーマホワイト
・プラセンタ
といった成分です。

これらの美白成分は、多少刺激があるため、肌の保湿を徹底的に行った上で使用することが大前提なのです。
そのため、これらの美白成分の効果を最大限に発揮するためにも、保湿対策は重要なのです。

保湿対策ができたら、すぐに美白成分を塗っていいと言う訳でもありません。
肌のターンオーバーを促すことをしないと、メラニン色素が排出されないからです。

そこで、ピーリングを行うことが大切。
ケミカルピーリングやピーリング石鹸などで、しっかり古い角質を排出してください。

これらができたら、上記の美白成分が初めて効果を発揮するようになるのです。

シミのようになったニキビ跡を隠すにはどんな隠し方が良い?

シミのようになったニキビ跡。
治療してもすぐには改善されないため、仕事の時や人と会うときに隠したくなります。

実際、
「シミのようになったニキビ跡を隠すにはどんな隠し方が良いですか?」
「ニキビ跡に目に行かせないメイク方法はありますか?」
といった質問が数多くあります。

ここでは、シミのようになってしまったニキビ跡を隠す方法をいくつか紹介します。

【パウダータイプのファンデーションを使って少しでもメイクによる悪化を防ぐ方法】
リキッドタイプよりパウダータイプの方が、ニキビ悪化につながりづらいです。
どうしても、メイクしないといけない場合はパウダータイプを使用することをおすすめします。

【コンシーラーで隠す】
あまりおすすめできませんが、短期間だけ隠したいのならばコンシーラーを使うのもアリです。
ただ、長いこと使用していると、余計にニキビ跡を悪化させて修復不可能になる恐れもあります。

【ニキビ専用のマスクをする】
保湿用のシートマスクはニキビ肌におすすめのマスクです。
・肌美精
・スキンオペレーション
・薬用ビューネ
・プロアクティブ
などがおすすめです。
通常のマスクですと、肌が擦れたりしてかゆみ・ニキビ悪化を引き起こします。
また、通気性が良くないため、菌の増殖にもつながり、余計にニキビが増える可能性もあります。

何度も使っているマスクも衛生面において、ニキビ跡にはよくありません。
通気性・衛生面・保湿のすべてが整っているマスクを使用するようにしてください。

ニキビ跡が邪魔で、うまく髭剃りができない方は、以下のサイトで紹介しているケア方法がおすすめです。
ニキビ跡のケア※ニキビ跡のせいで綺麗に髭剃りできない男性へ